一日のうち数時間、部分的に影ができてしまうような屋根に向いている太陽光発電システム

Posted by | 失敗しないために

日本のメーカーが販売する太陽光発電システムは、基本的のどのメーカーの製品も高性能です。
ソーラーパネルにもいくつか種類がありますが、国産メーカーの製品は性能が高く、品質も安定しています。
現在日本国内に設置されている家庭用太陽光発電システムのソーラーパネルは、80パーセント近くが原材料にシリコンを使っているものです。
福島の設置されているソーラーパネルもシリコンを使った製品が大半を占めている状況でしょう。
シリコンを使ったソーラーパネルには一つだけ欠点があります。
ソーラーパネルに影ができてしまうと、発電量が下がってしまうのです。
シリコンではなく、複数の金属を化合した金属化合物を原材料とするソーラーパネル(一般にCIS薄膜系と呼びます)は、ソーラーパネルに影ができても発電量が下がらないという特性があります。
福島で太陽光発電システムの設置を検討しており、近くにマンションがあって一日のうち数時間、部分的に影ができてしまうような屋根の場合、CIS薄膜系のソーラーパネル設置を検討できるでしょう。