いわき市で損をしない太陽光発電設置

Posted by | 失敗しないために

雨の日であるのに太陽光発電は行われているということに驚いたのが、機器設置後の最初の驚きでした。
我が家には、昼間殆ど人がおりませんが、土日祝日は昼間でも少しは電気を使いますし、冷蔵庫はずっとスイッチが入っています。
けれども、昼間の電気代を請求されたことが、この4年間の間、全くありません。
雨の日も発電することは前々から聞いてはいたのですが、昼間使う電力が賄えるほど、発電力が優れているというのはありがたい話です。
もちろんできるだけ使用しなければ、電気代より高額の売電ができますから、もっとお得ではあるのですが、節電を心がけてはいても必要以上に意識すると、ぎすぎすしてきます。
だから、昼間最低限利用する発電が、雨や雪、曇りになってもなされることに嬉しく思います。
次に驚いたのは、ひと月の売電価格です。
4kシステムで2万円を超えています。
そして、電気代は3千円ほどダウンしました。
そこから節電意識の燃えるようになり、今ではその両方で二万五千円ほどの利益となっています。
国の補助金があり、売電単価が38円時代だから、費用の回収も早いだろうと言われましたが、回収が早くなる理由は、その2点ではありません。
よい業者で安価に機器取り付けをしたことと太陽がでない日でも発電をするという機器の性能の高さ、そして、それにより節電意識の志気の高まった家族の行動の3点と確信しています。
私の場合、確かに国の補助金は30万円程度ありましたし、今設置している人達より6円高の売電でした。
良い業者にであわなかった知人は、同じシステムでも、私より50万円も高くついてしまいました。
その金額は、助成金が多くても、売電単価が6円高でも大損です。
その大損分を取り戻すのに何年もの期間がかかります。
今の機器はさらにまた性能がアップしていますし、価格も安くなっています。
いわき市で助成金や売電価格の特例も生きるようにするためにも、良い業者選びが重要なのです。