東日本大震災の影響を色濃く受けているいわき市について

Posted by | いわき市で太陽光発電

福島県いわき市は福島県の南部の浜通りに面したところにある都市で、2011年3月11日に起こった東日本大震災の影響を色濃く受けた地域の一つであります。
その理由としては、地震の揺れに寄る影響を直接に受けた点と浜通りの北部約100キロの地点にある福島第一原発の影響を受けた地域でもあるからです。
そのため、街の被害も相当な規模に及んでいて、仙台市に次ぐ被害をもたらしたのが福島県いわき市でもあります。
震災による直接な被害では電力インフラ設備へのダメージを受けたことと近くに原発が存在することからエネルギー問題に対する人々の関心・意識も相当高い傾向があります。
従って、緊急避難時や電力会社のインフラが壊滅的なダメージを受けた場合でも使うことが出来るというメリットがある太陽光発電を導入することは、市に住んでいる人にとっても受け入れられやすい環境が整っています。
また福島県としても各家庭の工事自体を県の指定業者が行い、その売電収入によって費用の回収を図るという制度を推進していくこともあって、その恩恵を受けることが出来ると言えそうです。
現在、いわき市は福島第一原発の周辺に住んでいた人の避難場所として選択されることが多く、震災直後こそは大幅に人口が減少しましたが、最近は逆に人口が震災前よりも増えている傾向があるとのことです。
このように震災の直接影響を受けた地域でもありますので、震災の復興と共に太陽光発電の普及が今後、急速に進展する可能性が高い地域の一つでもあります。