環境にやさしい太陽光発電

Posted by | いわき市で太陽光発電

いま新エネルギーとして注目されているのが太陽光発電です。
再生可能エネルギーのなかで、
もっとも個人が導入しやすいのが太陽光発電なのではないでしょうか。
太陽光発電システムでは、
発電の時に二酸化炭素を排出しません。
環境への負荷が低い発電方法として、
太陽光発電ほど優良な発電方法はないと思います。
いわき市では持続可能な循環型のまちづくりを目指しています。
そのため、環境に負荷をかけない環境にやさしい住宅を設置する市民のために、
環境負荷軽減型住宅等整備費補助制度があります。
平成24年度の太陽光発電システムの補助金は、
すでに上限いっぱいになってしまったそうです。
いわき市でもそれだけ太陽光発電への注目が高く、
実際に太陽光発電にする家庭が多いということでしょう。
それにアパートやマンションなどの事業所向けの太陽光発電も好調だそうです。
平成24年度のいわき市の補助金は終了しましたが、
まだ国の補助金を引き続き利用することができます。
ただ気をつけなければならないのが、
補助金の申請をするための書類の不備や思い違いが多いということです。
設置業者や販売業者が申請の代行をしてくれるのなら安心でしょうが、
自分で申請を行おうとしたところ書類が不足しているというようなことが多いそうです。
書類の不足などで申請できなくなるのは非常にもったいないことです。
補助金の申請は手間のかかるものですから、
自分で申請するのが難しそうならプロに依頼するのもいいと思います。