いわき市は東北で一番、太陽光発電に向いているかもしれません

Posted by | いわき市で太陽光発電

他の地域の人に、東北地方で最も連想できる場所はどこだと聞けば、やはり仙台と答える人が多いかもしれません。
しかし、それについで人口が2番目に位置するのがいわき市です。
詳しくない人はピンと来ないかもしれませんが、福島県で一番の人口を誇る、東北屈指の都市なのです。
ではなぜ、そのように人が多く暮らしているのでしょうか。
色々調べるといわき市は東北地方の中で最も日照時間が長く、さらに1日における平均の気温も、一番高いのです。
やはり印象として東北地方は寒いとか、雪が多いとか言うイメージだと思いますが、この暮らしやすい自然環境が多くの人々を呼んでいると推測できますよね。
こうやって、いわき市について調べると東北地方の中で一番、太陽光発電に向いているかもしれませんね。
なぜなら、太陽光発電は、最近になって電池と連動したシステムが開発されたりしていますが、まだまだ高くて一般的に普及するには時間がかかりそうですし、家庭で買える電池でも蓄電の量が多くありません。
ですから、実質、作った電気を蓄えて置けないと言うのが常識となっています。
そのような性質があるので、気候としては日照時間が非常に大切なのですが、そういった条件においていわき市は東北で一番長いのですから、太陽光発電に向いていると考えられるでしょう。
さらに、もうひとつの条件として気温の差が小さいほうが、ソーラーパネルにとって力を発揮できるとういうのもあります。
東北は冬になると厳しい寒さに見舞われますが、日本なので山間部以外は夏になると非常に暑くなります。
そういった条件を考えた場合、非常に気温の差が激しいと想像できるわけですが、いわき市は平均気温が東北で最も高いわけですから、厳しい冬の下がり具合が他の東北におけるエリアよりも穏やかと言えるでしょう。
このように、自然環境を調べると、いわき市が太陽光発電に六手いることが分かるでしょう。
福島の方は、他のどの都道府県の人よりも、クリーンなエネルギーに関心があるでしょうし、導入を検討してもいいでしょう。