いわき市の補助金制度

Posted by | いわき市で太陽光発電

いわき市環境負荷軽減型住宅等整備費補助制度というのをご存知ですか。
福島県いわき市では、太陽光発電と設置した場合の補助金交付を行っています。
現在いわき市の行っている補助金の内訳は、一般住宅用途の場合、太陽光発電システムの最大出力1kW当たり2万円で、上限を4kWに相当する8万円とするものです。
さらに、東京都や東京電力からの助成がないことは福島県民にとってとても遺憾なことではありますが、脱原発を身をもって経験している福島県では、全国の都道府県自治体の中でも先行して、平成25年度分の太陽光発電設置のための補助金制度を行うことを打ち立てました。
しかも、平成24年度の交付募集の予算執行終了から次年度開始までの空白の期間ができないよう、年度を前倒ししての執行という、臨機応変な政事を決定しています。
その内訳は太陽電池モジュールの公称最大出力が1kWあたり35000円というもので、上限は4kWに相当する最大14万円となります。
この額は平成24年度の補助金制度の1kWあたり5万円で、上限を9.99kWに相当する最大499000円とするものから比較すると大幅な減額ではありますが、おそらくはこの減額率がそのまま他の都道府県の次年度補助金制度に波及するのではないかと考えられます。
それに4kWは一般的なオール電化住宅には十分な出力です。
ただし福島県では、平成25年3月末までは、補助金の申請には国(J-PEC)の補助金申請が決定していることが条件となっています。
つまりはそれ以降の条件は国次第ということになります。
いずれにしても平成25年3月末までは、いわき市、福島県、国の3団体から補助金が交付されることになります。
例えばオール電化に必要な4kWの太陽光発電のための太陽光電池モジュールを設置した場合の補助金の総額は、国14万円、福島県14万円、いわき市8万円で合計36万円になります。
いずれにしても現在1kW当たり50万円程度の相場で推移している太陽光発電の設置費用ですから、4kWの設置では自己負担は164万円程度となります。